関コミ大阪ブログ情報(&第17回全国社協職員のつどい)
関コミ大阪の情報を随時お届けいたします。2007年2月10日・11日に開催した第13回全国社協職員のつどいから7年、第17回全国社協職員のつどいは大阪にて2014年3月1日(土)&2日(日)に開催予定です!
プロフィール

Author:関コミ大阪会員
1993年、関西社協職員が職能組織として「関西社協コミュニティワーカー協会」(関コミ)を立ち上げ、同年に「第1回全国社協職員のつどい」を開催しました。以来、関コミを構成する各府県の社協職員達が「全国社協職員のつどい」を継続して開催し、交流・研究の場を全国の社協職員に提供してきました。
関コミの下部組織である大阪研究部会(関コミ大阪)は大阪府内の社協の職員を会員として、活動しています。

QRコード

QRコード

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まちづくりの未来を考えるシンポジウム in OSAKA
〜 新しい住民自治組織「地域活動協議会」の可能性と挑戦 〜
大阪市のコミュニティ自治の取り組みについてシンポジウムが開催されるとのこと
最近は、市長の様々な話題で具体の政策の動きはあまり取り上げられていませんが、どんな形のコミュニティ政策が進められるのか注目です!

日時:10月27日(土)
場所:ブリーゼプラザ(西梅田)

詳細はこちら
スポンサーサイト
コミュニティ協議会の動き
 副委員長のMです。ごぶさたしております。
 8月の総会において、ブログの更新を活動以外の内容も含めて多くしていくべきとの意見をいただきましたので、情報提供として注目している豊中市のコミュニティ協議会の動きについてお知らせさせてもらいます。

 豊中市では19年度に自治基本条例の制定され24年度から地域自治推進条例が施行され、現在新千里東町と上野の2校区をモデルとして地域自治組織の設置が進行しています。組織の位置づけや予算といった枠組みは整備され今後、各地区に広げていく動きになっています。特に新千里東町は既に地域合同情報誌が発行されていた素地もありスムーズに進んでいるようです。
(参考)豊中市 地域自治のパンフレット新千里東町地域自治協議会ホームページ

 豊中の地域自治の説明会にも実際に参加させてもらいましたが、豊中の取り組みの印象は池田市のようなトップダウンではなく方針制作にも時間をかけ住民の合意形成のプロセスを丁寧にされていました。
 同じ豊中といっても校区によって団体や歴史的背景も大きく違うため、一律にこだわらずそれぞれの地域の合わせた柔軟な対応をしていく姿勢を感じました。
 地区福祉委員会や公民分館など活発に活動されている既存団体があるだけに、既存団体や組織の活動との整合性をどうつけていくかが課題となっているようです。地域自治なら地域組織の統廃合も地域で決めていいのかといの意見が出されていました。

 伊賀市のように地区社協を住民自治協議会に統合する形で自治協議会の福祉部をベースに地域福祉活動を進めていく動きになっていくのか、すみ分けがされていくのか、今後こうした動きがどの市町村でも出てくるので注目していきたいと思っています。 M 

 
 
2008年度研究報告②
続いて、2008年度研究報告②の「そしき」です。




 コミュニティ施策と社会福祉協議会



[READ MORE...]
2008年度研究活動報告①「みせかた」
総会と同時に、2008年度におこなった研究活動のまとめを
中心となってすすめていただいたお二人にしていただきましたので、
あわせてブログ上でも報告させていただきます。


管理者の労力削減のために、
議事録用につくった記録をそのまま貼り付けさせていただきますので、
少々長いですが、よろしくお願いします。



1.テーマ"みせかた"
「社協」というブランドをどう地域の人々に対してPRしていくか




[READ MORE...]
ブログ
 年度末のバタバタでひさしぶりの書き込みです。
 最近社協もホームページ以外にオフィシャルブログを設置するところが
増えていますが、わが社協でも4月1日からブログをスタートしましたので
ちょっと宣伝させてもらいます。→ 箕面市社協ブログ
 カテゴリーを校区単位に分け、地区担当が地域の動きや社協職員の動きを
情報発信していく予定にしています。どこまで更新頻度をあげれるかは課題
ですが、校区単位の情報発信により新たなつながりが生まれることを目指しています。
「住民から見える社協」に向け頑張ります! 
 アドバイス、ご意見等ありましたぜひお願いします 


社協と防災活動
 waheiです。
1日遅くなりましたが、昨日の17日はあれから14年‥阪神淡路大震災関連のイベントや震災の特集をした報道がいろいろなされていました。
「社協と防災」ここ最近、社協が取り組む重要テーマとして、より具体的な取り組みが数多く進められてきています。わが社協でも、家具転倒防止器具の取り付け事業や校区単位での防災講習会や訓練などに取り組んでいます。ただ、非常時に実際何をどこまで担うのかといった一番大事なあたりは曖昧なままでしていきているのが現状です。昨日のNHKで神戸の方々の極限での苦悩の日々の報告書の番組を見て、あらためて社協として何ができ、何をしておくべきか考えさせられました。


[READ MORE...]
コミュニティ施策の動き
 今日から休みの入ったので、普段更新ができていない分、この年末年始で気になる情報をお伝えしたいと思います。
 以前からお伝えしていますが、北摂の各市でもコミュニティ施策を進めていくにあたり基本方針等の検討がなされています。その報告書が市のホームページに出ていますのでお知らせします。
 吹田市「地域コミュニティ検討市民会議報告書」(平成20年10月) 
 豊中市「コミュニティ基本方針策定に向けた提言書」(平成20年12月)
 
[READ MORE...]
関コミ大阪 第2回定例会
 今年度の第2回定例会を大阪社会福祉指導センターで開催しました。
年末の行事が多い時でもあり、参加者は4名と少な目でしたがテーマである
「コミュニティ施策の動向」について活発に意見交換がされました。�΂��B
[READ MORE...]
地域分権フォーラム
 waheiです。
 今日は、池田市で行われた「地域分権制度市民フォーラム」に参加してきました。
池田市は今年度から地域コミュニティ推進協議会に予算提案権を渡す形で地域分権制度の取り組みが進められています。フォーラムでは、この半年間のコミュニティ推進協議会の取り組みの報告が各地区からされました。

IMG_6495_convert_20081025233639.jpg


[READ MORE...]
第1回定例会
 今年度の定例会は、昨年度提案した5つのテーマから「そしき」と「みせ方」に絞って研究を深めていく予定です。
 総会のあとの情報交換会でコミュニティ施策の動きについての話をしましたが、これは今後「そしき」のテーマの中で進めていきます。
 
 第1回の定例会では「みせ方」として、会員募集を通して見えてくる社協と地域との関わりについて考えたいと思います。
 ~会員募集~一見お金集めをメージされるかもしれませんが、会員募集とは、「人材」を募るという視点もあります。自治会から5万円の会費を得た、か、自治会から5千円しか会費がなくても、5人の協力者を得ることができた・・・どちらが社協にとって良いことか。地域の人々からすると、どうしてもお金を払えば良いんだろう、という意識が少なからずあるのかも・・・ 
 協力者を募るために、我々ワーカーが地域にどうやってアピールするか、広報・イメージキャラクター(ゆるキャラ??)なども一つの手段ですが、やはり口コミや各種団体の協力体制も重要になってきます。
会員募集を通して社協をいかにアピールするか、こちらから提案するのではなく、会員の皆様から様々な意見をいただき、一緒に考えていきたいと思います。

10月19日、よろしくお願いします。


                                                   T社協 シン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。