関コミ大阪ブログ情報(&第17回全国社協職員のつどい)
関コミ大阪の情報を随時お届けいたします。2007年2月10日・11日に開催した第13回全国社協職員のつどいから7年、第17回全国社協職員のつどいは大阪にて2014年3月1日(土)&2日(日)に開催予定です!
プロフィール

関コミ大阪会員

Author:関コミ大阪会員
1993年、関西社協職員が職能組織として「関西社協コミュニティワーカー協会」(関コミ)を立ち上げ、同年に「第1回全国社協職員のつどい」を開催しました。以来、関コミを構成する各府県の社協職員達が「全国社協職員のつどい」を継続して開催し、交流・研究の場を全国の社協職員に提供してきました。
関コミの下部組織である大阪研究部会(関コミ大阪)は大阪府内の社協の職員を会員として、活動しています。

QRコード

QRコード

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016総会を開催します!
2016年度総会を開催します。
【日時】平成28年8月21日 13時半~16時半
【場所】大阪府社会福祉指導センター研修室4
【内容】総会  13時半~
               会員の集い 14時半~
                『社会福祉法人改革によるこれからの社協と施設の連携』~高槻市の施設連絡会の取り組みから~
社会福祉法人 つながり理事   今井 司氏
 会員の集いは会員以外のかたでも参加できますので興味のあるかたはご参加下さい!
スポンサーサイト
定例会
寒くなりましたね

総会から間があいてしまいましたが定例会を開催します。今回は平日の夜です年末でお忙しいとは思いますがご参加よろしくお願いします

【内容】事例検討  

コミュニティワーカーと生活支援コーディネーターをめぐる社協の戦略について

事例提供者  泉佐野社協  山本さん

【日時】平成27年12月17日(木) 19~21時

【場所】大阪社会福祉指導センター研修室4
2015年定期総会を開催します!
暑い日が続きますね(^_^;)
案内が遅くなりましたが関コミ大阪の総会を開催します。皆さまご参加よろしくお願いします。

また総会後に会員の集いも行います。今回のテーマは介護保険制度改正の動きとして出された総合事業です。実際に今年度から事業がスタートしている市町村から話を聞きますので、ご興味のあるかたはぜひご参加ください。会員以外の参加も大歓迎です。

✳︎会員の皆さんとところには近日中に案内が届きます。来ていないかたは役員まで連絡をお願いします

【日時】27年8月30日(日) 14時~16時30分
【場所】大阪社会福祉指導センター研修室4
【内容】総会 14時~
会員の集い 14時半~
『総合事業の現状とこれから』
話し手 箕面市社協 松浦

第2回定例会
前回から間があいてしまいましたが第2回の定例会を以下の内容で開催します。

日 時 平成27年7月16日(木)午後7時~9時
 ※今回は平日夜の開催となります

場 所 大阪社会福祉指導センター 4階 ゼミ室1

内容 コミュニティワーク事例検討 
  「福祉委員会が策定する地域福祉活動計画の是非について」
 事例提供者 高槻市社会福祉協議会 山田 真司 さん

お時間の都合がつくかたはご参加下さい!

総会開催
11月8日(土)台風で延期になっていました関コミ大阪の総会を開催しました。
昨年度は大阪で全国社協職員の集いがあり、そちらの動きに追われ関コミ大阪としての取り組みが十分にできなかったことを反省点としてお伝えしました。

また、総会後の会員の集いとして門真市社協の藤江さんから来年度から本格実施となる生活困窮者自立支援事業での実践について報告をしてもらいました。
善意銀行を活用したフードバンクの取り組みと生活困窮者支援を連動させ効果的な支援につなげている内容とどのような視点でこの事業に取り組んだかといったかのプロセスを話してもらいました。



10名ほどの参加者でしたが、報告を受けて社協ワーカーの役割、あり方について話し合うことができました。参加いただいた皆さんありがとうございました(^-^)

定例開催が毎年課題となっていますが、事例検討を基本に定例化にむけ企画していきますのでよろしくお願いします。
総会の中止について
今日の総会は台風のため中止とさせてもらいます。総会の日程については改めてお知らせさせてもらいますのでよろしくお願いします。
被害が少ない形ですんでほしいですね。
2014年度総会のお知らせ
このたび下記のとおり2014年度総会を開催いたします。
また、総会終了後は会員のつどいも予定しております。

お忙しい時期ではございますが、職場の同僚、仲間をお誘いあわせのうえ、
ご参加くださいますようよろしくお願いいたします。

                記

1 日 時  平成26年8月10日(日) 午後2時~5時

2 場 所  大阪社会福祉指導センター4階 研修室4
       ※地下鉄谷町6丁目駅4番出口から徒歩7分 

3 内 容  

【第1部 総会】 午後2時~2時30分

案件1  2013年度事業報告及び決算

案件2  「関コミ大阪運営委員」及び「関コミ」の幹事の選出について

案件3   2014年度の事業計画及び予算

【第2部 会員のつどい】 午後2時30分~  ※会員以外の方もぜひご参加ください

講 演:テーマ いま社協ワーカーとしてできること~生活困窮者自立支援を通して~

講 師:大阪府社会福祉協議会 片岡 哲司 さん
     門真市社会福祉協議会 藤江 冬人 さん

趣 旨:
平成27年4月に生活困窮者自立支援法が施行されることにより、引きこもり支援や就労支援など、いわゆる「生活困窮者支援事業」が本格的に始まろうとしています。
すでに取り組まれている社協、来年度より予定している社協、或いは当面は行政直営で実施されるところなど市町村によって対応は様々です。
しかし、どのような実施形態となっても、何らかの課題のある人々を支援するのに必要なのは関係機関との連携や地域住民による支えあいであり、これまで社協が取り組んできたことと同様の部分もあります。
今回のつどいでは、今後の見解や事例を通して再度社協ワーカーの立ち位置について考えていきたいと思います


関コミ大阪定例会を開催しました
平成26年6月28日(土)午前10時~12時まで、
大阪社会福祉指導センターにて、関コミ大阪の例会を開催しました。

当日参加者は4名、とさびしかったのですが、
CSWをテーマにしたドラマ、「サイレントプア」が放映されたことでの、
参加者の周囲の反響や、今後のコミュニティソーシャルワーカーに求められる取組などについて
ざっくばらんに話し合いました。
[READ MORE...]
コミュニティワーク事例検討
今年度第1回目の定例会を開催します。
今回のテーマは「施設コンフリクト」どの地域でもおきる可能性のある問題です。社協ワーカーとしてどうアプローチしていくのか皆さんと考えていきたいと思いますのでぜひご参加ください

日 時:平成25年10月26日(土)14時〜17時
場 所:大阪府社会福祉会館5階 502会議室
内 容:事例検討「施設コンフリクトとコミュニティワーク」 
問合せ:関コミ大阪事務局 大阪府社会福祉協議会 堤添
    06−6764−7760

2013年度総会
 7月27日(土)大阪府社会福祉指導センターにおいて関コミ大阪の総会及び会員の集いを開催しました。
 総会では、今年度は「3月に大阪で開催される全国社協職員の集いへの関コミ大阪としての参画していくこと」、「前年同様にコミュニティワーク方法論を考えていく取り組みとして事例検討を継続してくこと」を報告させてもらいました。

 会員の集いでは、淀川区社協の浜辺さんを講師に「大阪市における地域活動協議会、まちづくりセンターの動き」を報告していただき、参加者と意見交換を行いました。


地域活動協議会とは
 小学校区単位での地域団体、NPO、企業などの多様な団体で組織される新たな地域運営の仕組み
 地域への補助金の一括化の受け皿  ※区によって対象となる補助金の違いはあり
(目標)26年3月末までに設立 

●まちづくりセンター
 大阪市内を5ブロックに分け地域活動協議会の形成、運営支援を行う中間支援組織
 2カ所 社協  他の3カ所は他組織(2団体)へ委託 
 委託期間:平成24年10月〜平成26年3月

淀川区まちづくりセンターの取り組み 
 体制 アドバイザー1名(区社協職員)支援員5名(公募)、事務員1名
  福祉にとらわれない様々な資格、経験をもつ支援員
 地域活動協議会 18地区中16地区で設立
 地域編集の手法に基づく地域団体と企業、NPOのマッチング
  インタビューでの強みやニーズの把握
  それぞれのコミュニケーションギャツプを埋める
 地域活動への多様な参加を認める意識づくり、入口づくり

 非常にはやいスピードで進んでいる大阪市のコミュニティ組織の再編の現状とそれをサポートする位置づけで立ち上げられたまちづくりセンターの取り組みは非常に興味深い内容でした。社協としてこの事業にどう関わっていくのか試行錯誤しながらも、新たなアプローチに取り組んでいるお話は、非常に感銘を受けました。

(参加者からの意見、感想)
・社協でイメージする地域の対象が非常に限定されていることに気づかされた。
・これからの地域アプローチの手法としてこの地域編集は非常に参考になると感じた
・生活困窮者支援の話とまちづくり支援は全く違うようで実はつながっているように感じた。
 中間就労といった出口づくりを考えていく上で企業へのアプローチなどは必要。
 どちらかでなくどちらへも関わることが社協の役割では。 など

 
 参加者からも活発な意見交換がされ非常に充実した時間を過ごすことができました。大変忙しいなか時間をつくっていただいた浜辺さん本当にありがとうございました。

 次回の定例会は10月を予定しています。今後もこんなことしたい、こんな話が聞きたいなどありましたら、役員までお伝えください。
 今回、新人ワーカーの方2名に入会いただきました若手の皆さんもぜひご参加ください  

 20130726総会


                       今年度も副委員長 M 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。