関コミ大阪ブログ情報(&第17回全国社協職員のつどい)
関コミ大阪の情報を随時お届けいたします。2007年2月10日・11日に開催した第13回全国社協職員のつどいから7年、第17回全国社協職員のつどいは大阪にて2014年3月1日(土)&2日(日)に開催予定です!
プロフィール

Author:関コミ大阪会員
1993年、関西社協職員が職能組織として「関西社協コミュニティワーカー協会」(関コミ)を立ち上げ、同年に「第1回全国社協職員のつどい」を開催しました。以来、関コミを構成する各府県の社協職員達が「全国社協職員のつどい」を継続して開催し、交流・研究の場を全国の社協職員に提供してきました。
関コミの下部組織である大阪研究部会(関コミ大阪)は大阪府内の社協の職員を会員として、活動しています。

QRコード

QRコード

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国のつどい 申し込み期間延長
 えらい遅い新年最初の書き込みになりました またM社協 wahei です。
本日、つどいの募集期間延長のお知らせがきました 。2月4日(月)まで受付してもらえるとのことです。分科会講師も確定したそうで、大阪のつどいのメンバーも講師として数名出るようです。迷ってて期限が過ぎた方、申し込み忘れの方、もう一度要項を見直して申し込みましょう!

  話は変わりますが、我が社協で1月21日、地域福祉のあり方研究会委員の木原先生を講師に、「支え合いマップから考えるご近所福祉」と題して講演会を開催しました。「助けてから始まる支え合い」「要援護者こそ担い手に」「世話焼きがいない地域はない」といった話がなされ、参加した福祉会の役員や民生委員の大半からわかりやすくて参考になる、目からウロコだったといった感想が聞かれ非常に好評でした。社協ワーカーとしても、これまでの地域アプローチを反省させられる内容も多く、防災や孤独死への取り組み方を考える良い機会になりました。
   来月は中央区で講演するとのことなので、興味のある方は参加してはどうですか?お勧めです!

  
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。