関コミ大阪ブログ情報(&第17回全国社協職員のつどい)
関コミ大阪の情報を随時お届けいたします。2007年2月10日・11日に開催した第13回全国社協職員のつどいから7年、第17回全国社協職員のつどいは大阪にて2014年3月1日(土)&2日(日)に開催予定です!
プロフィール

関コミ大阪会員

Author:関コミ大阪会員
1993年、関西社協職員が職能組織として「関西社協コミュニティワーカー協会」(関コミ)を立ち上げ、同年に「第1回全国社協職員のつどい」を開催しました。以来、関コミを構成する各府県の社協職員達が「全国社協職員のつどい」を継続して開催し、交流・研究の場を全国の社協職員に提供してきました。
関コミの下部組織である大阪研究部会(関コミ大阪)は大阪府内の社協の職員を会員として、活動しています。

QRコード

QRコード

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニティ施策に関するフォーラム
 wahei です。私が研究テーマにあげた「コミュニティ施策と社協」に関連するおもしろそうなフォーラムが豊中市の広報紙に出ていましたのでお知らせさせてもらいます。
   「地域自治フォーラム これからのコミュニティ」
  ●日 時:3月23日(日) 13:30~16:00
  ●場 所:くらしかん(豊中市桜塚)
  ●内 容:基調報告 帝塚山大学中川教授
       事例報告 宝塚のコミュニティ協議会に関わった田中義岳さん
            神戸市竹の台コミュニティ絹川さん
   

[READ MORE...]
スポンサーサイト
「これからの地域福祉のあり方検討会」について
I社協のましんです。

先日の定例会で、話題にあがった「これからの地域福祉のあり方検討会」の資料と
議事録については、下記にまとめられていますので、ご参照ください。


>>WAM NET 行政資料

私もそうですが、担当業務によっては、なかなか意識しないと情報を掴みにくいところもありますが、社協や共同募金だけでなく、民生委員や地域包括支援センター、生活福祉資金など、かなり広範な内容について紹介&議論されていますので、参考になる部分も多いかと思います。


みなさまの、意見や感想も是非お聞かせください!
定例会の報告
200217定例会

2月17日は、関コミ大阪の定例会でした。
今回は2部構成で、「研究の仕方を学んでみよう」ということで、
龍谷大学短期大学部の鈴木大介講師より、社会福祉分野における「研究」の進め方について
講義をしていただきました。
普段の大学の授業では何回にもわけて解説する内容を90分で、という
こちらからの難しいお願いにもかかわらず、わかりやすく、かつ充実した内容で、
「研究の進め方」の概要と、「研究企画」の立て方、文献レビューの重要性を説いていただきました。


後半は、N社協のTさんより、「これからの地域福祉のありかた研究会」での議論の流れをどう読むか、という問題提起をしていただき、意見交換を行いました。


[READ MORE...]
よりすぐり、迷います。
↓研究テーマが発表されています。

迷っています。さて、どれにしようかな?????会員のみなさん、関心のあるみなさん、大いに迷いましょう・・・・
その前に私は、明日の関コミ大阪の定例会で、「地域福祉のあり方研」に対する想いを発表します。どう発表するか迷っています・・・・・

(N市のT)
研究テーマ:個別支援分野
I社協のましんです。
研究テーマプレゼン記事です

私の担当は、「個別支援」ということなのですが、
「関西社協"コミュニティワーカー"研究会・大阪部会」での研究活動、ということなので、
みんなで考えるこんなテーマを企画してみました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

研究テーマ「地域社会でのセルフネグレクトへのアプローチ」

セルフネグレクトは、何らかの原因によって
自分自身の健康や安全を損なう行為です。


本来、社会福祉は人と社会との関係を支援する分野なので、
最も社会福祉として対処しなければならない分野だと思うのですが、
実際には、支援する時間がかかるなかで、自ら声をあげない(あげられない)人・契約する意思のない人たちへの支援に困難を感じる現状もあろうかと思います。

地域で気になる、でも関われない、そんな人たちを支援する方法を、
双方の出会い方を支援する、という観点から
その人と直接話し合い、支援するワーカーも
地域で活動する人々を支えるワーカーも、
みんなで知恵を出していけたらな、と考えて今回の研究テーマを
企画してみましたので、ぜひ、ご協力くださいますようお願いします。

皆さんこんにちは、T社協のシンです。先週は奈良の全国のつどいに参加しました。社協組織について考える分科会でした。行政からの派遣や再雇用者、あるいは非常勤職員への偏重など、なかなか組織が一体化できない・・・そんな課題は全国レベルなんだと痛感しました。管理監督部門はやはり「生え抜き」が担っていかなければいけませんね。とにかく、できることから始めていければ・・・

 さて、つどいの次は関コミ大阪です!案内がギリギリで申し訳ございません。従来は外部の講師のお話しをお聞きし、意見を出し合ってきましたが、今年度は会員同士で研究し、それを発表という形で作り上げたいと考えております。この研究を進めていく上でどのように進めればよいか、それをまずは考えていきたいと思います。今回の講師である龍谷大学短期大学部の鈴木先生のお話を聞き、会員の皆さんに研究チームに入ってもらえるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

私の担当は「みせ方」です。大阪のつどいでは魅力ある広報紙やキャラクターと起用した戦略について考えましたが、これらの戦略の礎をなすのはワーカーとしての意識ではないかと思います。例えば会員募集という事業はまさにPRあってのものですが、実際皆さんの社協ではどうですか?「社協って何するところ?」という問い合わせが多くないですか?自治会や事業所からすると会費は納める、よりも「取られる」というイメージが根付いているのかもしれません。我々が地域へアプローチするため、ワーカーとしての意識の向上と社協の認知度を探る手法を学びたいと思います。興味のある方、ぜひご協力お願いいたします!

関コミ大阪・研究テーマ(地域アプローチ)について
K市社協のFです。遅くなりましたが、研究テーマの企画を説明します。地域アプローチでは住民をエンパワメントできるようなアプローチについて研究を深めたいと考えてます。
研究としてフィールドワークから学ぶため、年収数百万を稼ぐ高齢者がすむ現代の桃源郷のような徳島県の上勝町の地域活動の調査を考えています。高齢化率50パーセントを超える限界集落といわれてもおかしくない地域ですが、いきいきとした高齢者みずからが生きがいをもって様々な地域活動をしてます。いまでは活動に興味をもった若者がUターンやIターンで集まるとか。まさに「ピンチをチャンスに」
四国大学の先生も研究に関わってもらいながら深めていき、地域活性化の一環の上勝町の地鶏の彩鶏(いろどり)に舌鼓をうちながら、住民がいきいき地域活動に取り組む先進地域の実践から、そのアプローチ法について一緒に考えましょう。
学びと美食を求めるメンバー募集中!
関コミ大阪定例会のお知らせ
関コミ大阪第3回定例会の案内です

日時:平成20年2月17日(日曜日)午後2時~5時
場所 大阪府社会福祉指導センター 4階 ゼミナール室(2)

内容:「研究」の進め方について
   講師:龍谷大学短期大学部講師 鈴木大介氏

 門真市地域福祉活動計画策定委員兼作業委員長をお勤めになっておられるなど、
 社協のことをよく知り応援いただいている研究者である鈴木先生より、
 「研究活動のしかた」を教えていただきます。


[READ MORE...]
第14回全国のつどいin奈良
M社協 wahei です。
この9日、10日に奈良で開催された全国のつどいに参加してきました。
 9日の奈良は、何十年ぶり?の雪で私は車で行ったのですが、高速が通行止めになり、大阪から4時間もかかってしまい、着いた頃には分科会も終りの時間でした…
 とは言うものの、今年も北海道から九州まで170名の社協職員の参加があり、交流会、分科会で多くの方と交流、議論が出来ました。また、今回のテーマである「共に働く社協」「社協の協議体機能」は、私も非常に関心のある内容で、最後の全体会でパネラーから「なぜ社協でなくNPOセンタ-に相談がよせられるのか?いま社会でおきている様々な問題に何ができるかを考えてほしい」「ネットワーク組織として社協が機能していない」「社協はないものを創り出し、隙間をうめることが役割では」といったメッセージがあり、改めて自身の社協で何ができるかを考えさせられました。
 奈良の実行委員のみなさん 本当にお疲れさまでした
  
13回つどい 報告書完成
今週末に奈良で第14回全国社協職員のつどいが開催されます。
その時に昨年大阪で開催しました「全国社協職員のつどい」の報告書のお披露目をします。
奈良のつどいに参加されます、13回のつどい参加者の方には、受付「関コミ」ブースでお渡ししますので、一度のぞいてください。

実は、13回の実行委員会に関わったメンバーだれも「報告書」を手にしていません。なんと7日に印刷業者から奈良の実行委員会へ郵送されることに・・・・9日に始まる「つどい」の会場で私たち13回実行委員もご対面。それも一つの楽しみです。

13回のつどいに参加されましたみなさん。奈良で報告書とともに再会しましょう。

☆このブログは、13回全国社協職員のつどい実行委員会が開設しましたブログです。現在は、関コミ大阪(大阪府下の社協職員有志の自主研究会)のブログとして運営しています。



(13回実行委員長 T)

テーマ:福祉関連ニュース - ジャンル:福祉・ボランティア



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。