関コミ大阪ブログ情報(&第17回全国社協職員のつどい)
関コミ大阪の情報を随時お届けいたします。2007年2月10日・11日に開催した第13回全国社協職員のつどいから7年、第17回全国社協職員のつどいは大阪にて2014年3月1日(土)&2日(日)に開催予定です!
プロフィール

Author:関コミ大阪会員
1993年、関西社協職員が職能組織として「関西社協コミュニティワーカー協会」(関コミ)を立ち上げ、同年に「第1回全国社協職員のつどい」を開催しました。以来、関コミを構成する各府県の社協職員達が「全国社協職員のつどい」を継続して開催し、交流・研究の場を全国の社協職員に提供してきました。
関コミの下部組織である大阪研究部会(関コミ大阪)は大阪府内の社協の職員を会員として、活動しています。

QRコード

QRコード

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪府・地域福祉交付金
9月22日付け、大阪府のホームページに大阪維新プログラムにしたがっての地域福祉活動に関する補助金の見直し(CSW配置促進事業、小地域ネットワーク活動関係)の取り組みで「市町村への交付金化」の考えがアップされています。

案として地域福祉交付金が掲載されています。
交付金化の構想において、市町村行政の判断が注目されます。市町村への権限委譲の流れの中で、地域福祉活動の財源もその流れの中にあります。

今後の展開を注目していく必要があると思います。

大阪府のホームページ:市町村優先の徹底

(関コミ大阪のT)
スポンサーサイト
第1回定例会
 今年度の定例会は、昨年度提案した5つのテーマから「そしき」と「みせ方」に絞って研究を深めていく予定です。
 総会のあとの情報交換会でコミュニティ施策の動きについての話をしましたが、これは今後「そしき」のテーマの中で進めていきます。
 
 第1回の定例会では「みせ方」として、会員募集を通して見えてくる社協と地域との関わりについて考えたいと思います。
 ~会員募集~一見お金集めをメージされるかもしれませんが、会員募集とは、「人材」を募るという視点もあります。自治会から5万円の会費を得た、か、自治会から5千円しか会費がなくても、5人の協力者を得ることができた・・・どちらが社協にとって良いことか。地域の人々からすると、どうしてもお金を払えば良いんだろう、という意識が少なからずあるのかも・・・ 
 協力者を募るために、我々ワーカーが地域にどうやってアピールするか、広報・イメージキャラクター(ゆるキャラ??)なども一つの手段ですが、やはり口コミや各種団体の協力体制も重要になってきます。
会員募集を通して社協をいかにアピールするか、こちらから提案するのではなく、会員の皆様から様々な意見をいただき、一緒に考えていきたいと思います。

10月19日、よろしくお願いします。


                                                   T社協 シン
今年度の定例会について
まだまだ暑い日が続きますが、時折吹く冷涼な風に秋の気配を徐々に感じてきてます。
みなさまいかがお過ごしでしょうか?

さて、今年度の定例会ですが、原則偶数月の第2日曜日に実施させていただきます。
ただし、仕事の関係でなかなかその通りにいかないこともあります。
また、家庭のある会員さんにとっては、祝日を挟んだ連休などは参加しづらいようです。
そこで(10月がまさにそうですが・・・)、第2日曜が連休にかかる場合は、その前後の週に開催させていただきたいと思います。

第1回の定例会は10月19日(日)午後2時より開催します。
そう遠くないうちに皆様に正式な案内をさせていただきます。


[READ MORE...]
第2期大阪府地域福祉支援計画
 大阪府のホームページに第2期地域福祉支援計画の第1回の委員会の内容が出されていますのお知らせします。
 橋下知事による維新プログラムが出されているなかで、どのように、これからの地域福祉を大阪府として進めていくか、「小地域ネットワーク活動やコミュニティソーシャルワーカー」がこのなかでどう位置づけられていくか注目です。
 また、コミュニティ施策の動きが府下でも進みだしており、コミュニティの概念をどう考えていくかコミュニティ施策の動きを次の計画においてどう位置づけていくか整理が必要となっています。
 このあたりは、第2次の地域福祉計画をたてていく市町村でも同様ですが、府の指針はおおきな影響力がありますので、これからも注意して動きを把握していく必要がありますね。
 
[READ MORE...]
コミュニティ施策の動き
wahei です。
 8月の会員のつどいのなかでも話に出ましたが、豊中市でもコミュニティ施策の
動きが進んできています。
 全国的にも地域福祉活動の先進地域である豊中市でも昨年度に自治基本条例が制定され
その具体的な動きとしてコミュニティ基本方針 wahei コミュニティ基本方針の策定が進められています。
 コミュニティ施策と地域福祉活動を一体的に進めている伊賀市社協のブログでも様々な市町村から視察や相談があると書かれています。
 http://blog.livedoor.jp/onigawara328/archives/50666286.html
 豊中も含めて北摂地域は、これから動きが出てくると感じているので、動きを掴みながら
研究するポイントをしぼっていきたいと思っています。他にも注目の動きがありましたら、教えてください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。