関コミ大阪ブログ情報(&第17回全国社協職員のつどい)
関コミ大阪の情報を随時お届けいたします。2007年2月10日・11日に開催した第13回全国社協職員のつどいから7年、第17回全国社協職員のつどいは大阪にて2014年3月1日(土)&2日(日)に開催予定です!
プロフィール

関コミ大阪会員

Author:関コミ大阪会員
1993年、関西社協職員が職能組織として「関西社協コミュニティワーカー協会」(関コミ)を立ち上げ、同年に「第1回全国社協職員のつどい」を開催しました。以来、関コミを構成する各府県の社協職員達が「全国社協職員のつどい」を継続して開催し、交流・研究の場を全国の社協職員に提供してきました。
関コミの下部組織である大阪研究部会(関コミ大阪)は大阪府内の社協の職員を会員として、活動しています。

QRコード

QRコード

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第17回全国社協職員のつどい ご参加されましたみなさまへ お礼

全国社協職員のつどいから・・・・10日あまり過ぎました。
遅くなりましたが、実行委員会を代表しまして、
この場を借りて参加者の皆さま、関係者の皆様にお礼を申し上げます。

今回のつどいでは、実行委員をふくめ、252名の参加者を得ました。
つどいの企画を始めた当初は、実行委員をふくめて200名の参加を目標にしていたころ、
大幅に上回る参加をいただき、本当にありがたく思っています。
ご不便をおかけした部分もあったかと思いますが、
皆さまのご協力のおかげで無事に終えることができました。ありがとうございます。

“原点と挑戦”にこだわって企画した今回のつどい、
参加者のみなさまは、職場でそれぞれの挑戦をなさっていることかと思います。
私は、他の社協での先進事例のとりくみをきいて、自分の職場に戻ると、
その落差にしんどくなることがこれまで多くありましたが・・・・今回は少し違ったように思います。

“挑戦”というテーマに対して、私たち実行委員は、
「いきなり大きなことに挑戦するのではなく、小さな一歩、
小さな挑戦の積み重ねがいつか大きな成果につながるのではないか」という想いを大切にしてきたつもりです。
どうか、“しんどい”と感じた時には、今回のつどいで確認した原点と、
出会った“同志”、仲間たちのことを思い出していただければと思います。

今回みなさまが得たつながりが、これからも続くこと、
そして、全国社協職員のつどいが次回開催へとしっかりバトンを渡していきたいと想います。

ありがとうございました。

第17回全国社協職員のつどい実行委員会 実行委員長 山本直哉
スポンサーサイト
全国社協職員のつどいin大阪☆実行委員自己紹介リレー その20
【氏名】 村上 愛 (むらかみ めぐみ)

【実行委員会での担当】 広報 / 分科会④みせかた・財源
「Facebookやブログ、見てるよ!」とお声かけいただくと、大変喜びます(*^^)

【入職年数&担当業務】 4年目(平成22年入職)
CSW&地区担当、広報

【社協に入職したきっかけ(原点)】
大学2回生の時に、社協の職員さんがゲストティーチャーで来てくれ、はじめて社協の活動を知りました。そこから、「地域福祉」の分野に興味を持ち、実習へ!地域の住民さんと一緒に活動する社協に魅力を感じて、働きたいと思うようになりました。
育ったところも、小学校区に500人くらいの田舎で、とっても密な「地域のつながり」の中で暮らしてきたことも大きいかなと思っています!

【今回のつどいで実現したいこと(挑戦)】
実行委員として、つどいを楽しみながら、全国の社協職員の皆さんと、さらにさらにつながっていきたいです!!

【自己PR】
書道や音楽などなど、創作活動が好きです♪
たまーに、ライブをしてみたり、作品展をしてみたり…、
そんな活動もしています!

では、今日からの2日間!!
みなさん、よろしくお願いします!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。