関コミ大阪ブログ情報(&第17回全国社協職員のつどい)
関コミ大阪の情報を随時お届けいたします。2007年2月10日・11日に開催した第13回全国社協職員のつどいから7年、第17回全国社協職員のつどいは大阪にて2014年3月1日(土)&2日(日)に開催予定です!
プロフィール

関コミ大阪会員

Author:関コミ大阪会員
1993年、関西社協職員が職能組織として「関西社協コミュニティワーカー協会」(関コミ)を立ち上げ、同年に「第1回全国社協職員のつどい」を開催しました。以来、関コミを構成する各府県の社協職員達が「全国社協職員のつどい」を継続して開催し、交流・研究の場を全国の社協職員に提供してきました。
関コミの下部組織である大阪研究部会(関コミ大阪)は大阪府内の社協の職員を会員として、活動しています。

QRコード

QRコード

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会員のつどい(報告)
 総会後に行われた会員の集いの報告をさせてもらいます。参加者11名(講師2名含む)

 テーマは、最近各地で動きが進んできているコミュニティ施策の動きについてで、大阪のなかでも大きく動いている枚方市と池田市の状況を聞きました。

(現 状)

 ●枚方市  
行政がコミュニティ協議会(小学校区)の設置を推進・・地域の各種団体の協議会 
    H17  地域の窓口と位置づけ補助金を統合化
         福祉委員会 → コミュニティ協議会の福祉部会を担う位置づけへ

 ●池田市   分権改革の流れ 地方分権 → 地域分権  
H19~ 地域コミュニティ推進協議会を設置(小学校区単位)・・公募市民で構成 
       1地区約600万円の予算提案権をもたせる
       個人での参加はあっても福祉委員会との組織的関係はない 
 (課 題)
  ・協議会が別にできたことで福祉委員会の位置づけがわかりにくくなっている
  ・社協ワーカーの地域への関わり方
  ・社協会員や補助金などお金の流れの整理  など


 意見交換では、地域福祉活動計画との関係や住民意識の変化などへの質問がでました。
また、参加者で来ていた岸和田の方から30年以上前に既に市民協議会が出来ており、福祉委員会はその福祉部という位置づけで活動をしているとの話もありました。
 組織的な位置づけの違いはありますが、どのような形であれ地域課題を話し合う場とその解決に取り組む活動を継続していくことが重要であり、社協はゆるがず自らの立ち位置をきちんと持っておくことが大切といった話がなされました。

 この動きを単に社協活動の逆風と捉えるか、うまく協働していけるか、それぞれの社協、職員しだいと思います。今後もこのテーマは継続し、多くの方と議論していければと考えています。

 今年度の関コミ大阪では、研究テーマを「社協とコミュニティ施策」と「社協の見せ方」に絞り取り組んでいく予定です。みなさま ご参加のほどよろしくお願いします。   wahei

 
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kancomiosaka.blog57.fc2.com/tb.php/106-010c42a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。