関コミ大阪ブログ情報(&第17回全国社協職員のつどい)
関コミ大阪の情報を随時お届けいたします。2007年2月10日・11日に開催した第13回全国社協職員のつどいから7年、第17回全国社協職員のつどいは大阪にて2014年3月1日(土)&2日(日)に開催予定です!
プロフィール

関コミ大阪会員

Author:関コミ大阪会員
1993年、関西社協職員が職能組織として「関西社協コミュニティワーカー協会」(関コミ)を立ち上げ、同年に「第1回全国社協職員のつどい」を開催しました。以来、関コミを構成する各府県の社協職員達が「全国社協職員のつどい」を継続して開催し、交流・研究の場を全国の社協職員に提供してきました。
関コミの下部組織である大阪研究部会(関コミ大阪)は大阪府内の社協の職員を会員として、活動しています。

QRコード

QRコード

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域分権フォーラム
 waheiです。
 今日は、池田市で行われた「地域分権制度市民フォーラム」に参加してきました。
池田市は今年度から地域コミュニティ推進協議会に予算提案権を渡す形で地域分権制度の取り組みが進められています。フォーラムでは、この半年間のコミュニティ推進協議会の取り組みの報告が各地区からされました。

IMG_6495_convert_20081025233639.jpg


 地域に権限として予算提案権を含めて渡している池田市のやり方は、一歩間違えば単なるバラマキともとらえられますが、どう地域分権、地域主権が育つ取り組みへ発展するのか、どの市町村も厳しい財政のなか非常に注目をされています。
 報告では、初年度である今年は防犯灯やAEDの設置などハード面での取り組みがほとんどでソフト面での取り組みはこれからという感じでしたが、一部の取り組みでは配食サービスなど福祉委員会と重なる内容や課題解決型の取り組みも報告されていました。
 この動きが今後どう発展していくのか、福祉委員会との役割分担、位置づけなどがも含めて社会福祉協議会とも大きく関係してくると感じています。
 研究テーマの「社協とコミュニティ施策」のなかでもこれから注目していきます。他市でも注目の情報等がありましたら教えてください。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kancomiosaka.blog57.fc2.com/tb.php/113-40a421d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。