関コミ大阪ブログ情報(&第17回全国社協職員のつどい)
関コミ大阪の情報を随時お届けいたします。2007年2月10日・11日に開催した第13回全国社協職員のつどいから7年、第17回全国社協職員のつどいは大阪にて2014年3月1日(土)&2日(日)に開催予定です!
プロフィール

関コミ大阪会員

Author:関コミ大阪会員
1993年、関西社協職員が職能組織として「関西社協コミュニティワーカー協会」(関コミ)を立ち上げ、同年に「第1回全国社協職員のつどい」を開催しました。以来、関コミを構成する各府県の社協職員達が「全国社協職員のつどい」を継続して開催し、交流・研究の場を全国の社協職員に提供してきました。
関コミの下部組織である大阪研究部会(関コミ大阪)は大阪府内の社協の職員を会員として、活動しています。

QRコード

QRコード

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国支え合いマップ&ご近所福祉研究集会
 昨日、今日と愛知県岡崎市で開催されました「支え合いマップ&ご近所福祉研究集会」に参加してきました。全国からご近所福祉に関心のある社協職員、地域包括職員、自治会役員など色々な人が集まり、各地で取り組まれているマップ作成を通してのご近所福祉づくりの実践発表がありました。長時間の内容で疲れましたが、小地域活動を進めていくうえでの取り組みのヒントとなる実践が聞け有意義な研修でした

支え合いマップ研究集会

 プログラムは、住民流福祉総合研究所の木原孝久氏の講演と木原氏と一緒にマップづくりでご近所福祉を進めている各地の取り組みの発表が続き、最後にシンポジウムで閉めるという流れで行われました。私が印象に残ったのは、社協の発表ではなく、小規模多機能や地域包括が関わっている利用者の地域生活を含めた全体像を把握する手法としてマップづくりに取り組んでいる発表と川崎市のボランティアグループ「すずの会」でした。
 どちらも「個を軸にした地域福祉」を進める実践発表で福祉サービス、ボランティアグループもここまでのことを支援するようになっているのかと驚かされました。特に「すずの会」のひとりの困りごとから活動をはじめる当事者主体の姿勢には感動しました。
 この研修で、改めて当事者や住民の力を信じる、エンパワメントの視点を再認識するとともに、私は、社協は何をすべきか考えさせられました。発表者のみなさんありがとうございました
私も地元でマップづくりを実践できるよう頑張ります wahei  
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kancomiosaka.blog57.fc2.com/tb.php/125-877da8ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。