関コミ大阪ブログ情報(&第17回全国社協職員のつどい)
関コミ大阪の情報を随時お届けいたします。2007年2月10日・11日に開催した第13回全国社協職員のつどいから7年、第17回全国社協職員のつどいは大阪にて2014年3月1日(土)&2日(日)に開催予定です!
プロフィール

関コミ大阪会員

Author:関コミ大阪会員
1993年、関西社協職員が職能組織として「関西社協コミュニティワーカー協会」(関コミ)を立ち上げ、同年に「第1回全国社協職員のつどい」を開催しました。以来、関コミを構成する各府県の社協職員達が「全国社協職員のつどい」を継続して開催し、交流・研究の場を全国の社協職員に提供してきました。
関コミの下部組織である大阪研究部会(関コミ大阪)は大阪府内の社協の職員を会員として、活動しています。

QRコード

QRコード

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回定例会の報告
  2月14日に第3回の定例会を行いました。
  今回は「みせ方」がテーマで会員募集を切り口に進めていきました。
 会員募集という制度はもう30年以上続いていますが、当時は地区の財源が本当に会費しかなく、今もそうですが、貴重な活動でした。よく問い合わせをいただきますが、会費を納め会員となったら何か特権があるのか、という意見があります。正直、「特にない」が現実でしょうか・・・
  かつては会員証を皆に発行していた、というベテラン会員の方から意見がありました。確かにお礼も兼ねて皆さんに会員証をお渡しすれば会員なんだ、という意識が芽生えるかもしれません。小さなことですが。
 

 その他、情報交換として各社協ではどんな工夫をしているか意見を出し合いました。
興味深いところでは、地区福祉員向けの手帳を発行したことです。それを皆に配布することで福祉委員としての意識も上がり、また、この手帳を題材にして委員会を開催したところ、今度はどのような手帳を発行しようかと意見交換をし、思いを共有できたそうです。
 ケーブルTVの活用も効果的のようですね。出演された地域の方にさらに事業の紹介をし、今度はボランティアとして協力していただいた、などというケースもあるそうです。

 各社協では様々な取り組みがあると思いますが、こんなみせ方があるという方、是非ブログに書き込んでみて下さい!
 

                                          T社協  シン
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kancomiosaka.blog57.fc2.com/tb.php/127-923a222d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。