関コミ大阪ブログ情報(&第17回全国社協職員のつどい)
関コミ大阪の情報を随時お届けいたします。2007年2月10日・11日に開催した第13回全国社協職員のつどいから7年、第17回全国社協職員のつどいは大阪にて2014年3月1日(土)&2日(日)に開催予定です!
プロフィール

関コミ大阪会員

Author:関コミ大阪会員
1993年、関西社協職員が職能組織として「関西社協コミュニティワーカー協会」(関コミ)を立ち上げ、同年に「第1回全国社協職員のつどい」を開催しました。以来、関コミを構成する各府県の社協職員達が「全国社協職員のつどい」を継続して開催し、交流・研究の場を全国の社協職員に提供してきました。
関コミの下部組織である大阪研究部会(関コミ大阪)は大阪府内の社協の職員を会員として、活動しています。

QRコード

QRコード

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実行委員の自己紹介 その5
こんにちは。だんじり祭りで有名なK社協の職員Oです。この4月からCSW(コミュニティソーシャルワーカー)として新規事業に携わっています。仕事っぷりは画像を参照してください。
全国のつどいには、昨年度の兵庫が初参加。たくさんの社協ワーカーの多さに驚き、また参加者の熱意にも驚き刺激を受けました。ご縁があって今回実行委員会にお招きいただきました。実行委員会では役付きがないので、気楽な立場を活かして、いろいろと自由に発言したいと思います。役員の皆様!思いつきで発言し行動する「衝動物」ですが、2月までどうぞお付き合いお願いします。窓口にCSW

K市社協のブログ http://blog.livedoor.jp/chiikiai/ 日々更新しています。どうぞご覧ください。
プロフィール
勤続年数:9年と半年
今までの担当:ボランティアセンター関係に8年、小地域ネット1年、CSW=現在に至る
好きな言葉:I am OK You are OK・・・OK牧場、気愛など
気になること:吉野家の牛丼の完全復活は?、日経平均
仕事のテーマ:地域で孤立していたり、孤独を感じている男(私を含めて)の居場所をつくること…答えは模索中
実行委員会に期待すること…情熱の送受信(孤独なワーカーの気持ちを共有したり、情報交換を行うことで、モチベーションが上がること)
づどいのあとの自分…変わらない(新人のときと同じようなフレッシュな考えを持続したい)
ブログネームは chiikiai でお願いします。
以上、K市社協の職員Oでした。
この記事に対するコメント

情熱的なコメントですね。パワーを感じます。全国のつどいの2月までとは言わずに、引き続き関コミ大阪(自主研)で一緒にがんばりませんか。本当に実行委員に参加していただき嬉しいです。
【2006/09/15 00:36】 URL | 実行委員長T #2NKnmN5w [ 編集]


 だんじりは例年以上に多くの人が来たらしいですね。ブログも最近よく見さしてもらってます。頻繁に更新がされており、見るのを楽しみにしています。あれを見ると情報を発信していくことの大事さを痛感します。このブログも同じやで~自己紹介が止まってんで!次の方よろしく
【2006/09/18 00:19】 URL | 副実行委員長 wahei #- [ 編集]


T実行委員長さま。waheiさま。コメントありがとうございます。みなさんからコメントをいただけるとテンションが上がりますね。だんじりはまだまだ終わっていませんよ。岸和田祭りが終わった翌日は、今度は山手のだんじりが負けじと太鼓を叩いていました。まだまだにぎやかですよ。忘れかけてたMY「レボリューション」♪おおっと!イニシエのフレーズがなぜか脳裏で…。ボケーっと、ぐびな○飲んでるときです。新しいションがまた1つ加わりました。訳わかりませんが、仕事なんぞで何かレボリューション起こしてえですねえ~。
【2006/09/20 01:11】 URL | chiikiai #9yCdnjyw [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kancomiosaka.blog57.fc2.com/tb.php/13-d536d589
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。