関コミ大阪ブログ情報(&第17回全国社協職員のつどい)
関コミ大阪の情報を随時お届けいたします。2007年2月10日・11日に開催した第13回全国社協職員のつどいから7年、第17回全国社協職員のつどいは大阪にて2014年3月1日(土)&2日(日)に開催予定です!
プロフィール

関コミ大阪会員

Author:関コミ大阪会員
1993年、関西社協職員が職能組織として「関西社協コミュニティワーカー協会」(関コミ)を立ち上げ、同年に「第1回全国社協職員のつどい」を開催しました。以来、関コミを構成する各府県の社協職員達が「全国社協職員のつどい」を継続して開催し、交流・研究の場を全国の社協職員に提供してきました。
関コミの下部組織である大阪研究部会(関コミ大阪)は大阪府内の社協の職員を会員として、活動しています。

QRコード

QRコード

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国社協職員のつどいin大阪☆実行委員自己紹介リレー その12
photo26 (165x220)

【氏名】
田淵 章大(たぶち あきひろ)

【実行委員会での担当】
分科会4「みせ方・財源」
記録担当

【入職年数&担当業務】
6年目(平成20年入職)
平成20〜21年度 住吉区社協 地域活動担当(2年)
平成22年度 住吉区社協 包括支援担当(1年)
平成23年度〜現在 大阪市社協 地域福祉課(3年目)
…今は市内24区社協の調整・支援業務を中心に、広報紙作成やまちづくりセンター業務などにも関わっています。

【社協に入職したきっかけ(原点)】
社会福祉士の実習で、在宅介護支援センター相談員の地域を基盤にした相談援助実践を見て「こんな仕事がしたい」「社協ならできるかも」と社協を意識しました。相談援助をイメージしていたので、実は地域福祉活動とか住民主体があまりピンと来ないまま入職。地域担当を経て、包括支援センターで個別支援ケースに対応したり、若手勉強会を続けていく中で、地域での支え合いの大切さや社協の魅力にはまっていきました。

【今回のつどいで実現したいこと(挑戦)】
分科会打合せ段階で、講師の話に感動して、実行委員やっててよかったと思いました。そんな風に、参加者にもなんらかの「感動」と「休みやけどいってよかった!」が残りますように。

【自己PR】
趣味はブレイクダンスとけん玉です。もし同じ趣味をもつ社協職員と出会えたら、これほど嬉しいことはありません!

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kancomiosaka.blog57.fc2.com/tb.php/186-8ddb5a6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。