関コミ大阪ブログ情報(&第17回全国社協職員のつどい)
関コミ大阪の情報を随時お届けいたします。2007年2月10日・11日に開催した第13回全国社協職員のつどいから7年、第17回全国社協職員のつどいは大阪にて2014年3月1日(土)&2日(日)に開催予定です!
プロフィール

関コミ大阪会員

Author:関コミ大阪会員
1993年、関西社協職員が職能組織として「関西社協コミュニティワーカー協会」(関コミ)を立ち上げ、同年に「第1回全国社協職員のつどい」を開催しました。以来、関コミを構成する各府県の社協職員達が「全国社協職員のつどい」を継続して開催し、交流・研究の場を全国の社協職員に提供してきました。
関コミの下部組織である大阪研究部会(関コミ大阪)は大阪府内の社協の職員を会員として、活動しています。

QRコード

QRコード

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5分科会「個別支援」

第5分科会担当のM屋です。


 「住民主体の社協」とかけて「個別支援」と説く・・・そのココロは?


この分科会では、事例検討やワークショップを通じて、「社協が個別支援を行う意味」について参加者のみなさんと見つめなおしたいと思います


在宅サービス部門や地域包括支援センターを担当されている社協ワーカーさん、地域組織地域活動への支援を主に担当されている社協ワーカーさん、それぞれが見ている「地域」って同じですか?違いますか?


個の集まりが「地域」なのであり、地域は「個」なくしては成立しない・・・・個別支援が気づく社協活動、地域福祉について考えましょう!!


概要と講師の紹介はこちら↓



オープニングは大阪らしく、“笑い”でみなさまをお迎えします


事例提供者として、


社協ワーカーとしてさまざまな個別支援ケースに関わってこられた


大阪市生野区社協 末長 秀教 氏をお迎えし、1つの事例から「社協が取り組む個別支援」について掘り下げていきます。


2日目には、講師として


今や全国の研修などでもみなさんご存知の


大阪市立大学 助教授 岩間 伸之 氏にも登壇していただき、


ワークショップ&講義で、さらに「社協が個別支援に取り組む意味」を追求します


分科会と集いが終わったとき、あなたはまた1つ成長し、元気になってホーム(社協)に帰ることでしょう。。。


たくさんのご参加、お待ちしておりま~す

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kancomiosaka.blog57.fc2.com/tb.php/41-19c310a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。