関コミ大阪ブログ情報(&第17回全国社協職員のつどい)
関コミ大阪の情報を随時お届けいたします。2007年2月10日・11日に開催した第13回全国社協職員のつどいから7年、第17回全国社協職員のつどいは大阪にて2014年3月1日(土)&2日(日)に開催予定です!
プロフィール

関コミ大阪会員

Author:関コミ大阪会員
1993年、関西社協職員が職能組織として「関西社協コミュニティワーカー協会」(関コミ)を立ち上げ、同年に「第1回全国社協職員のつどい」を開催しました。以来、関コミを構成する各府県の社協職員達が「全国社協職員のつどい」を継続して開催し、交流・研究の場を全国の社協職員に提供してきました。
関コミの下部組織である大阪研究部会(関コミ大阪)は大阪府内の社協の職員を会員として、活動しています。

QRコード

QRコード

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今ごろ自己紹介&「魅せ方」分科会の見どころ

 つどいも残すところあと2週間ですね・・・


 皆様初めまして、大阪はT社協の「シン」です。
社協は「T」
ですが、野球は「G」党だったりする変な?大阪人です。


 さてさて、私は第2分科会~社協の広報戦略を科学する~いわゆる「みせかた」分科会を担当しております。
 この分科会は、要項にもあるように「すべての」社協職員の皆さんを対象に
社協を自分を地域の人々にいかに魅せるか・・・をテーマに広報について考えていきたいと思います。
 


社協って何?って、我々ワーカーにとって永遠のテーマですね・・・
社協のやってきている地域でのつながり作りや、たすけあいはこれからの時代本当に大切なこと。単に広報紙を配布するだけでなく、地域で社協をPRしていけるよう、自分自身が広報の一部と化して「想い」をどう伝えるか?参加者の皆さんで想いの伝え方について考えていきたいと思っているところです。
 分科会は3部構成で考えています。
①産経新聞社の方による紙面作りにかける「想い」について
②キャリアコンサルタントの方による職種ごとのキャッチフレーズの作り方、または自分の
  キャッチコピーの作り方
③岸和田市社協、大阪市社協の方による社協が地域にとけ込むためのPR方法

 私はT社協で9年間総務・経理担当として頑張ってきてます。社協の財源は補助金や会費が大部分です。行政に、地域に、社協活動をアピールしていかないと、これからは大変です。この分科会で自分自身も魅せ方について、いろいろと学んでいきたいなあ、とドキドキしながらもワクワクしています。

 広報には関わったことがない!あるいは、経理しか知らない!というアナタ、どうぞ第2分科会に来て下さい!

この記事に対するコメント
この分科会を2倍楽しむ方法
「みせかた」分科会の担当Mです。
この分科会の1日目にお越しいただく産経新聞大阪本社・編集局次長の安本さんには、別の顔があり、なんとラジオのパーソナリティもされておられるのです。ラジオ大阪OBC(1314)で月曜~金曜の夜9時~10時30分に放送されている「NEWSいいおとな」という番組の月曜担当でマイクにも向かわれているのです。受信エリアが限られていると思いますが、もし聞くことができたら、初日の分科会の味わい方がグッと深まると思います。さあラジオのダイヤルは1314ラジオ大阪OBCに!!(回し者ではありません)
【2007/01/27 09:27】 URL | 担当M #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kancomiosaka.blog57.fc2.com/tb.php/42-a01c708e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。