関コミ大阪ブログ情報(&第17回全国社協職員のつどい)
関コミ大阪の情報を随時お届けいたします。2007年2月10日・11日に開催した第13回全国社協職員のつどいから7年、第17回全国社協職員のつどいは大阪にて2014年3月1日(土)&2日(日)に開催予定です!
プロフィール

関コミ大阪会員

Author:関コミ大阪会員
1993年、関西社協職員が職能組織として「関西社協コミュニティワーカー協会」(関コミ)を立ち上げ、同年に「第1回全国社協職員のつどい」を開催しました。以来、関コミを構成する各府県の社協職員達が「全国社協職員のつどい」を継続して開催し、交流・研究の場を全国の社協職員に提供してきました。
関コミの下部組織である大阪研究部会(関コミ大阪)は大阪府内の社協の職員を会員として、活動しています。

QRコード

QRコード

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年度 関コミ大阪総会
関コミ大阪会員のみなさま
 
 遅くなりましたが、8月11日に行いました総会の報告をさせてもらいます。

 (総会概要)
  場所:大阪社会福祉指導センタ-  参加者10名 
 ●事業報告・・全国のつどい実行委員会に全面参加、定例会1回 
 ●運営委員の選出・・事務局長のみ交代 
 ●事業計画・・定例会  奇数月の第2土曜 → 偶数月の第2日曜 
        活 動 テーマ別研究グループによる主体的な研究活動へ  
  テーマごとに話し合ったつどいの経験を継続していくことを目指し、
 研究会としての基本に立ち返り、会員の主体的参加によるテーマ別研究 を今年度の基本スタイルとしてやっていくことを確認しました。
  今後、つどいの分科会テーマ(個別支援、地域アプローチ、組織、人材育成、みせ方)を基本にメンバー募集をしていきますので、みなさまよろしくお願いします。


 
  
【第2部】おおさか地域福祉共同研究会の取り組みについて
  総会で方向性を確認したテーマ別研究を実践されている大阪市社協の自主研究会の
 みなさん(8名)からお話を伺いました。
 (活動概要)
 ●会員数 53名
 ●研究チーム 9つ やりたいテーマを募集 
   例)社協とは  地域支援システムにかかる役割分担
 ●定例会 毎月1回 + 各チーム研究会
 ●研究成果の発表  報告集会の開催(会員以外へも呼びかけ)
           研究を論文にまとめ研究誌へ発表 
  
  専門職として理論的に勉強するだけでなく、形にして外へ発信しているとの
 活動を聞き、忙しいなか継続的にこれだけのことができていることに驚かされました。
  
  参加者からは 「思いは共通、同じ」 
         「中身を深める手法として勉強になった」との声が出ていました

  共同研究会のような活動になるには、まだまだ道のりは長いですが、まずは継続的な活動をできるところからやっていきたいと考えています。
 
  次の定例会の日程及び内容は、決まり次第、案内しますので、積極的なご参加よろしくお願いします。

   研究会のみなさま 貴重なお時間ありがとうございました。また、一緒に何かできればと思っておりますので、その時はよろしくお願いします!
                          (副委員長 wahei  )

 
この記事に対するコメント

WAHEIさん!先日はお電話ありがとうございました。つどいが終わったあとに入会すると言いながら忙しさにかまけて今に至っています。昨日まで1週間、精神保健福祉士のスクーリングに行っていました。そこで奈良県の社協マンと出会い、つどいの話題になりました。今年度は奈良開催ですよね。折角だから企画で関わってみては…と誘っておきました。肝心な私は参加できるかどうかわかりませんが…。
先日の電話の件、10月の予定もわかりつつありますので、また、こちらから連絡しますね。
【2007/08/20 01:00】 URL | chiikiai #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kancomiosaka.blog57.fc2.com/tb.php/74-e3c44d22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。