関コミ大阪ブログ情報(&第17回全国社協職員のつどい)
関コミ大阪の情報を随時お届けいたします。2007年2月10日・11日に開催した第13回全国社協職員のつどいから7年、第17回全国社協職員のつどいは大阪にて2014年3月1日(土)&2日(日)に開催予定です!
プロフィール

関コミ大阪会員

Author:関コミ大阪会員
1993年、関西社協職員が職能組織として「関西社協コミュニティワーカー協会」(関コミ)を立ち上げ、同年に「第1回全国社協職員のつどい」を開催しました。以来、関コミを構成する各府県の社協職員達が「全国社協職員のつどい」を継続して開催し、交流・研究の場を全国の社協職員に提供してきました。
関コミの下部組織である大阪研究部会(関コミ大阪)は大阪府内の社協の職員を会員として、活動しています。

QRコード

QRコード

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関コミ大阪第二回定例会報告
今日は関コミ大阪の定例会でした(^-^)

今回はかねてお知らせしていたとおり、各ジャンルごとの研究テーマのプレゼンテーションをさせていただきました。
それぞれの各テーマの詳しい意図は、今後各担当者に記事投稿をお願いしていますが、まずは簡単にご紹介させていただきます

①人材育成
 :人事考課と求められる社協職員像

②みせかた
 :キャラクターの活用法などを手段として、会員会費などにおける『社協』の伝え方

③地域アプローチ
 :(社協に限らない)地域活性化の仕掛け研究を通したアプローチ手法の研究

④個別支援 セルフネグレクトと地域社会との出会い方支援について

⑤組織
【5=1】
織構成会員から考える協議体としての社協組織について

【5=2】
行政主導のコミュニティ協議会などとの関係性を整理しながら、社協組織の基盤である校区福祉委員会の位置付けを再整理する

また、意見交換の中で現在厚生労働省で行われている『これからの地域福祉のあり方に関する研究会』での議論の流れを研究することも必要ではないか、という意見も出ました(当日の時間の都合上、どのように研究するのかは今後の課題ですが)

今回は師走の忙しい時期ということもあってか残念ながら参加者が六人しかいなかったのでグループ分けなどはできなかったので、少しでも興味のあるテーマがあればお気軽にお声かけくださいm(__)m
ぜひ一緒に研究しましょう!!
この記事に対するコメント

当日は、子どもの学童の行事と会合とで欠席させていただきましたが、近年にないくらい、ボリュームを感じますね。厚生労働省が進めている検討会、すごく気になりますし、住民自治協議会の動きも気になりますね。
何らかの形で参加したいです。
【2007/12/22 00:28】 URL | T #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kancomiosaka.blog57.fc2.com/tb.php/83-ade6d75e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。