関コミ大阪ブログ情報(&第17回全国社協職員のつどい)
関コミ大阪の情報を随時お届けいたします。2007年2月10日・11日に開催した第13回全国社協職員のつどいから7年、第17回全国社協職員のつどいは大阪にて2014年3月1日(土)&2日(日)に開催予定です!
プロフィール

関コミ大阪会員

Author:関コミ大阪会員
1993年、関西社協職員が職能組織として「関西社協コミュニティワーカー協会」(関コミ)を立ち上げ、同年に「第1回全国社協職員のつどい」を開催しました。以来、関コミを構成する各府県の社協職員達が「全国社協職員のつどい」を継続して開催し、交流・研究の場を全国の社協職員に提供してきました。
関コミの下部組織である大阪研究部会(関コミ大阪)は大阪府内の社協の職員を会員として、活動しています。

QRコード

QRコード

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関コミ大阪・研究テーマ(地域アプローチ)について
K市社協のFです。遅くなりましたが、研究テーマの企画を説明します。地域アプローチでは住民をエンパワメントできるようなアプローチについて研究を深めたいと考えてます。
研究としてフィールドワークから学ぶため、年収数百万を稼ぐ高齢者がすむ現代の桃源郷のような徳島県の上勝町の地域活動の調査を考えています。高齢化率50パーセントを超える限界集落といわれてもおかしくない地域ですが、いきいきとした高齢者みずからが生きがいをもって様々な地域活動をしてます。いまでは活動に興味をもった若者がUターンやIターンで集まるとか。まさに「ピンチをチャンスに」
四国大学の先生も研究に関わってもらいながら深めていき、地域活性化の一環の上勝町の地鶏の彩鶏(いろどり)に舌鼓をうちながら、住民がいきいき地域活動に取り組む先進地域の実践から、そのアプローチ法について一緒に考えましょう。
学びと美食を求めるメンバー募集中!
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kancomiosaka.blog57.fc2.com/tb.php/90-a9ae7bf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。