関コミ大阪ブログ情報(&第17回全国社協職員のつどい)
関コミ大阪の情報を随時お届けいたします。2007年2月10日・11日に開催した第13回全国社協職員のつどいから7年、第17回全国社協職員のつどいは大阪にて2014年3月1日(土)&2日(日)に開催予定です!
プロフィール

関コミ大阪会員

Author:関コミ大阪会員
1993年、関西社協職員が職能組織として「関西社協コミュニティワーカー協会」(関コミ)を立ち上げ、同年に「第1回全国社協職員のつどい」を開催しました。以来、関コミを構成する各府県の社協職員達が「全国社協職員のつどい」を継続して開催し、交流・研究の場を全国の社協職員に提供してきました。
関コミの下部組織である大阪研究部会(関コミ大阪)は大阪府内の社協の職員を会員として、活動しています。

QRコード

QRコード

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定例会の報告
200217定例会

2月17日は、関コミ大阪の定例会でした。
今回は2部構成で、「研究の仕方を学んでみよう」ということで、
龍谷大学短期大学部の鈴木大介講師より、社会福祉分野における「研究」の進め方について
講義をしていただきました。
普段の大学の授業では何回にもわけて解説する内容を90分で、という
こちらからの難しいお願いにもかかわらず、わかりやすく、かつ充実した内容で、
「研究の進め方」の概要と、「研究企画」の立て方、文献レビューの重要性を説いていただきました。


後半は、N社協のTさんより、「これからの地域福祉のありかた研究会」での議論の流れをどう読むか、という問題提起をしていただき、意見交換を行いました。


この研究会で議論されていることは、現在の社協のあり方の見直しをも含んだもので、
本当にそこでの意見が正しいものかの検証を行うべきではないか、との意見が
参加者の中から出されていました。


今回の参加者は13名。前回よりも増えて、充実した意見交換ができたように感じました。

ぜひ、次回4月の定例会もよろしくお願いいたします。


                                (I社協 ましん)
この記事に対するコメント

 日曜日はお疲れさまでした。鈴木先生の話をきいて今の企画書の内容がまるでダメなことがよくわかりました。具体に何をテーマとしていくか、再度企画書の中身を練り直したいと思います。他の企画担当者の方々も大変ですが頑張りましょう!   wahei
【2008/02/19 02:52】 URL | wahei #- [ 編集]

まさに!
waheiさん、本当に同感です。本当に「興味」だけやったなあ、と大反省でしたm(__)m

課題の整理とともにテーマの整理も必要かな、とちょっぴり不安になっている今日この頃です
【2008/02/22 22:43】 URL | ましん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kancomiosaka.blog57.fc2.com/tb.php/94-59fa81ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。