関コミ大阪ブログ情報(&第17回全国社協職員のつどい)
関コミ大阪の情報を随時お届けいたします。2007年2月10日・11日に開催した第13回全国社協職員のつどいから7年、第17回全国社協職員のつどいは大阪にて2014年3月1日(土)&2日(日)に開催予定です!
プロフィール

関コミ大阪会員

Author:関コミ大阪会員
1993年、関西社協職員が職能組織として「関西社協コミュニティワーカー協会」(関コミ)を立ち上げ、同年に「第1回全国社協職員のつどい」を開催しました。以来、関コミを構成する各府県の社協職員達が「全国社協職員のつどい」を継続して開催し、交流・研究の場を全国の社協職員に提供してきました。
関コミの下部組織である大阪研究部会(関コミ大阪)は大阪府内の社協の職員を会員として、活動しています。

QRコード

QRコード

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域自治フォーラムに行ってきました!
 wahei です。今日は、以前にお知らせしていた豊中市のフォーラムに参加してきました。豊中でもこの4月からコミュニティ政策室が設置され、本格的にコミュニティ基本方針をつくっていく方針が出されるなか、市民とコミュニティづくりについて考える場として開催されました。参加者は50名程度で社協関係では府社協のKさんも来られていました。
  宝塚、神戸の取り組みと豊中の現状とが出され、どう今後のコミュニティづくりを進めて行くか非常に興味深い内容でした。
 私が印象に残った言葉として
  ・行政の縦割りの弊害で地域も縦割り   ラウンドテーブルの場が必要
  ・任意団体として自治会組織の限界はあるが、されど自治会は重要、組織のベース
  ・お金がないから地域へ丸投げではダメ。住民自治の目指す方向を押さえることが必要
   行政が単に安上がりで、言うことを聞く組織を作るのでは市民はついてこない
  ・今ある各種団体の評価がなされずに、屋上組織を作っても同じ結果になる     
  ・まちづくり協議会ができることでの、目に見える形のメリットの共有化が必要
    などがありました。
 
 今ある組織の評価として校区福祉委員会における協議体機能は、住民にどう評価されているのか、また地域コミュニティにおける地域課題をどの範囲まで担っていくべきかなど色々考えさせられました。住民自治、住民主体、横のネットワーク、地区担当など社協内でもよく出る言葉が飛び交っており、そうした施策がそれこそ二重で地域におりていくようなことにならないよう連携していく必要を感じます。今後も「コミュニティ施策と社協」のテーマは勉強していきたいと思っていますので、一緒にしたい方ご一報まってます  
M社協  wahei まで
この記事に対するコメント

23日のフォーラム参加おつかれさまでした。
住民の主体性を高める事は、住民自治を高めること。と思います。
さて、住民主体とは何を持って主体的な動きとなるか?これってなかなか目に見えない形に見えないものも含まれていると思います。このようなコミュニティ政策において、支援者として、住民主体の形成過程なども含めて誰が支援するのか?コミュニティワーカーっはどの立ち位置?それもしっかりと連携していかないといけませんね。そのような議論もしていかないといけないかと思っています。
【2008/03/24 23:22】 URL | N市のT #2NKnmN5w [ 編集]


 Tさんこそお疲れさまです。フォーラムでも、宝塚の田中さんはあくまで市民主体の協議会とするため、事務局的なことは行政がしないことにこだわった。神戸の自治会長からは、自治会がNPOを組織し有給事務職員を雇用する形にまでもっていきたいという話が出てました。今回のパネラーの人たちは、主体形成をしていくプロセスの大事さを皆わかっている感じでした。主体形成への支援にどうコミュニティワーカーは関われているか、それが仕事ですが、なかなか難しいですね。ワーカーの評価とは?指標づくりが必要ですね
【2008/03/25 01:47】 URL | wahei #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kancomiosaka.blog57.fc2.com/tb.php/99-0554c369
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。