関コミ大阪ブログ情報(&第17回全国社協職員のつどい)
関コミ大阪の情報を随時お届けいたします。2007年2月10日・11日に開催した第13回全国社協職員のつどいから7年、第17回全国社協職員のつどいは大阪にて2014年3月1日(土)&2日(日)に開催予定です!
プロフィール

Author:関コミ大阪会員
1993年、関西社協職員が職能組織として「関西社協コミュニティワーカー協会」(関コミ)を立ち上げ、同年に「第1回全国社協職員のつどい」を開催しました。以来、関コミを構成する各府県の社協職員達が「全国社協職員のつどい」を継続して開催し、交流・研究の場を全国の社協職員に提供してきました。
関コミの下部組織である大阪研究部会(関コミ大阪)は大阪府内の社協の職員を会員として、活動しています。

QRコード

QRコード

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第16回 全国社協職員のつどいinひょうご 開催要項完成
第16回全国社協職員のつどいinひょうご
の実行委員会事務局より連絡がありました。
要項が完成しました!!!!

関西社協コミュニティワーカー協会のブログで要項をダウンロードできます。
よろしくお願いします。

関西社協コミュニティワーカー協会ブログ
エール~東北関東大震災被災地の社協ワーカーの皆さんへ
このたびの震災により、東日本の大部分は甚大な被害を受けました。
被災地で勤務されている社協ワーカーも例外ではなく、負傷された方、あるいは亡くなられた方もおられます。
被害にあわれました皆様方にはお見舞い申し上げます。

被災地では、県社協、市町村社協が先頭に立って支援活動を行っていますが、過去にない地震と津波の被害により
なかなか被害の全体把握ができないなど、活動の中で、熟知たる思いをしている人がたくさんおられると思います。

そんな中、被害を受けなかった私たち、社協ワーカーとして、被災地のみなさんに何かをしたい...と、考えております。


今できることとして、私たちは「義援金」「救援物資」の受付などを地域のみなさんから募っています。
また、災害支援、ボランティアセンターの設置に向け、各ブロックから社協ワーカーが派遣されつつあります。
そして、全国のボランティアが現地での「支援活動」が展開できるよう準備を開始しています。

そしてもう一つ、私たち、社協ワーカーにできることがあるかと考えました。
特に、社協ワーカーの任意団体としてできること・・・・・
それは、このブログを通して、仲間である被災地の社協ワーカーに「応援メッセージ」を伝えることではないかと考えました。
私たち、関西社協コミュニティワーカー協会大阪研究部会では、2007年大阪で開催しました「第13回全国社協職員のつどい」で
多くのワーカーと共に実行委員会に参加し、全国の社協ワーカーと共に夢を語り合い、明日への元気をもらいました。
全国社協職員のつどいには、東北地方からの参加者もいました。


私たちにできること・・・・・このブログを通じて、「メッセージ」を伝えませんでしょうか

関コミ大阪ならびに関西、全国の社協ワーカーのみなさん、被災地の社協ワーカーに勇気を与えることができるよう
このブログを通してメッセージを発信してください。

また、メッセージを書かれたみなさん、このブログを多くの知り合いのワーカーに紹介していただけませんでしょうか?

このブログを通じて被災地のみなさんにお届けしたいと思います。
よろしくお願いします!!

「応援メッセージ」の書き方は以下の方法でお願いいたします。
  ・メッセージは、コメント欄にご記入ください。
  ・匿名でのコメントは控えていただけたらと思います。
   (社協名、氏名のどちらか、又はいずれかはご記入をお願いいたします。)
   

                          関西社協コミュニティワーカー協会 大阪研究部会
                                  運営委員会委員長  山田 真司
会員の集い報告
4月3日(日)大阪府社会福祉センターにて
会員の集いを開催しました。
参加者は、今回初参加の方も含めた8名でした。

「三田市社協におけるコミュニティワークの実践と成果」をテーマに
三田市社協地域福祉課長の小前氏より実践報告を頂きました。

事例検討会を繰り返す中で得られる気付きが
コミュニティワークを進めて行く上での「キーワード」への気づきにつながっていくこと。
それによって専門職としての意図的なかかわりとその積み重ねを行っていくための
地域診断シートの作成につながっていったお話を伺いました。

P1000319.jpg



そのあと、実際に、小前氏の司会のもと、
コミュニティワークの事例検討会を行いました。

事例提供者からは「感じていた課題を改めて整理できた」との感想をいただきました。


>>>>>>>>
参加者の皆さま、報告だけでなく司会までやっていただいた小前様、本当にありがとうございました。

今後、関コミ大阪の集いのプログラムに、事例検討会を取り入れていきたいと考えていますので
参加してみたい&検討したいコミュニティワーク事例がある方は、
関コミ大阪幹事までご相談ください。


I社協ましん
明日の関コミ大阪定例会
震災の影響もあり、ブログ上で告知できていませんでしたが、明日4月3日の集いは予定通り開催いたします。



テーマ:『コミュニティワーク事例検討』

会場:大阪府社会福祉センター

日時:4月3日(日)13:30~17:00

実際に事例検討を体験してみる都合上、
いつもよりも早い午後1時半開始となっていますので
お間違いのなきようお願いします。

引き続き、被災地社協へのエールものコメントよろしくお願いしますm(__)m



I社協 ましん
パーソナルサポートサービス
 現在、社会的に大きな問題となっている雇用問題を福祉の取り組みと包括的に行い生活全体をサポートしていくパーソナルサポートサービスのモデル事業が各地に広がっていっています。大阪でも吹田市、豊中市、箕面市がモデル事業として取り組んでいくことになったようです。→ こちら
 豊中市では社協のCSWも絡む形での運用になるようで、松江市では社協がこの事業を担う形など、先進の社協ではこの国の事業を活用し、セーフティネットの取り組みの強化に乗り出しています。
 この事業の概要が示された際、貸付事業の担当がこの位置づけになれたらいいのになと漠然と思っていましたが、実際に動きをつくるところはすごいですね。
 
 この事業がどこまで広がり定着するかはわかりませんが、今本当に求められている内容であり、社協の貸付事業やCSWとしての動きと非常に大きく関わる事業になりますので、みなさま注目していきましょう!
wahei
総会報告
I社協のましんです。
すっかり遅くなってしまい申し訳ございません。
8月8日(日)関コミ大阪の総会を開催しました。

事業報告、決算報告など、特に異議なく了承されました。
なお、幹事および、関コミへの役員派遣については、
全員が2009年度に引き続いて留任することになりましたことを
報告させていただきます。

2010年度の活動方針については、なるべく幅広い会員に参加いただけるように、
平日夜間の開催やテーマ設定などについて、参加者から意見をいただけましたので
今後の活動の参考にさせていただきたいと考えておりますので
どうかよろしくお願いします。


8月8日の参加状況
8月8日は、関コミ大阪の2010年度総会&会員のつどいです。

おかげさまで、今回の集いは、現時点で18名の方から参加申し込みをいただいていますので、
みなで意義深い討議をできれば、と楽しみにしています。

まだまだ参加申込は受け付けていますが、
この分だと、いつもよりもたくさん資料準備をしないといけないと思われますので、
資料が足らない、ということのないように、お早目の参加申し込みをお願いします!!


なお、集いの詳細は続きから
[READ MORE...]
4月定例会について
 時には夏を思わせる陽気ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 さて、関コミ大阪の定例会ですが、諸事情により4月の開催が困難になりました。申し訳ございません。よって5月に延期させていただきたいと思います。日程につきましては確定次第ブログにてご案内させていただきます。
大阪府小地域ネットワーク活動リーダー研修会
waheiです。
 定例会には出席できずすいませんでした。
小ネットリーダー研修会
 
 2月16日に府社協主催の小ネットリーダー研修に参加してきました。
テーマは今後、大きな社会問題になると言われている「孤立・孤独死」
 内容は「孤独死ゼロ作戦」で有名な千葉県松戸市常磐平団地の中沢さんの講演と吹田市と富田林市の取り組み報告がされました。
 中沢さんから
 「向三軒両隣の関係づくりの再構築」といった共助の話だけでなく 
 「孤独死は生活習慣の問題で生じる」「死の問題を通して生きることを考える取り組み」 といった自らが変われるきっかけづくり、環境づくりをいかにするかが大切と話されました。
  また、吹田と富田林からは公営住宅における実態調査をして「集える場」「相談できる場」がほしいとの要望が強いとの報告がされました。   
[READ MORE...]
第3回定例会の報告
  2月14日に第3回の定例会を行いました。
  今回は「みせ方」がテーマで会員募集を切り口に進めていきました。
 会員募集という制度はもう30年以上続いていますが、当時は地区の財源が本当に会費しかなく、今もそうですが、貴重な活動でした。よく問い合わせをいただきますが、会費を納め会員となったら何か特権があるのか、という意見があります。正直、「特にない」が現実でしょうか・・・
  かつては会員証を皆に発行していた、というベテラン会員の方から意見がありました。確かにお礼も兼ねて皆さんに会員証をお渡しすれば会員なんだ、という意識が芽生えるかもしれません。小さなことですが。
[READ MORE...]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。